保育士の転職

保育士はシングルマザーにおすすめの職種!その理由とは

投稿日:

離婚率が約35%に上る現代の日本。離婚をしてシングルマザーになる人は少なくありません。

保育士として働いているけれど、シングルマザーとして子どもを育てられるのか。保育士資格を取得し保育士として生計を立てられるのか。という悩みや不安を抱えている方へ

シングルマザーが保育士として働く現実や、ぜひ利用したい制度をご紹介します。

シングルマザーなら手に職をつける仕事を

保育士 シングルマザー保育士資格は国家資格ですので、一度取得すれば失うことはありません。保育士資格取得の方法は2つ。保育士養成校に指定された大学や専門学校を卒業する方法と、保育士試験を受験し合格する方法です。

シングルマザーとして子育てをしながら資格を取得するためには、保育士試験の受験がおすすめ。通信教育を利用するなど自分に合った勉強法を見つけることで合格を目指せます。

また、保育士は子育て経験を活かせる仕事ですので、子育て経験を役立てたいシングルマザーにも人気の仕事です。

シングルマザーに保育士が人気な5つの理由

①保育士の需要は右肩上がり

働く女性が増えている中で、保育園、そして保育士は常に求められている状況です。新規保育園も多く設立され保育園の数も年々増えていますので、自宅近くの職場が見つけやすいというメリットも。保育士資格を持っていれば、年齢を重ねブランクがあったとしても、正社員として採用される場合も多くあります。

保育士の需要はこれからも増え続けることが予想されます。資格を持っていれば働き場所に困らない。それが保育士資格です。

②子育て経験を活かせる

保育士 子育て 両立保育士は子どもとの関わりが主な仕事ですので。子育て経験を存分に活かすことができます。子育て経験のある保育士は現場でも貴重な存在。

保育士資格が必要な求人がほとんどですが、中には保育補助として無資格未経験でも働ける職場もあります。働きながら保育士資格取得を目指す人のために、研修制度を用意している園もありますよ。

③勤務条件が良くなってきている

保育士は給与が安いと言われることが多いですが、一概にそうとも言えません。その理由の1つが、保育士不足解消のための国を挙げての処遇改善です。保育士の離職理由である給与の低さを改善するために2014年に始まったこの制度。2017年には勤続年数や技能に応じて最大月額4万円が給与にプラスされる、キャリアアップの仕組みが導入されました。

また、保育士不足が深刻な中で、どの園も保育士確保に乗り出しています。給与を上げたり、福利厚生として家賃補助を充実させたりと、保育士にとって嬉しい変化が起こっているのです。

④キャリアアップもしやすくなった

処遇改善の1つである2017年に始まったキャリアアップの仕組み。今までは保育士としてキャリアアップを目指すためには、主任保育士と園長を目指す道しかありませんでした。しかし、このキャリアアップシステムができたことで、主任保育士の下に副主任保育士と専門リーダー。その下に職務分野別リーダーという役職ができたのです。
キャリアアップに必要なのが経験年数とキャリアアップ研修への参加。

保育士から職務分野別リーダーにキャリアアップするためには、概ね3年以上の経験年数と担当する職務分野の研修修了が必要です。これにより職務分野別リーダーになれば、月額5,000円の処遇改善を受けることができます。

副主任保育士になるためには、概ね7年以上の経験年数。職務分野別リーダーを経験していること。マネジメント研修にプラスして、3つ以上の分野の研修を修了している必要があります。
専門リーダーになるためには、同じく7年以上の経験年数と職務分野別リーダーを経験していること。4つ以上の分野の研修を修了していることが必要です。
それぞれの条件を満たし副主任保育士か専門リーダーになれば、月額4万円の処遇改善を受けられます。

キャリアアップを目指すことで給与のアップも目指せるので、頑張り次第ではより良い条件で働くことも可能ですよ。

⑤資格を取りやすい

保育士試験は難易度が高い試験であると言われることがよくあります。実際に保育士試験の合格率は20%前後と決して高くはありません。

でも、

  • マークシート形式
  • 正解率60%以上で合格
  • 年2回の保育士資格試験
  • 合格科目は3年間有効

など、難しい試験ではないんです。

1度で全科目の合格は難しくても、合格科目は3年間有効ですから少しずつ潰していくことができます。だから、働きながらでも目指せる資格ですよ。

実際に私は2人育児中に、保育園で働きながら資格取得できました。私はユーキャンの保育士講座を利用しましたよ。



主婦が保育士になるには?私が働きながら資格を取った方法

保育士ヨーコです。 「ヨーコせんせ~!」と笑顔で子どもが駆け寄ってきてくれると、何とも幸せな気持ちに ...

続きを見る

シングルマザーで働きながら保育士資格を取得する方法

シングルマザーとして働きながらでも、保育士資格を取得することは十分に可能です。実際に、保育士試験を受験して保育士資格を取得するシングルマザーはたくさんいます。

保育士試験を受験し保育士資格合格を目指す場合には、通信教育を利用するなど自分に合った勉強法を見つけることがポイントです。

ただ、注意したいのが保育士試験受験のための受験資格。受験資格は最終学歴や勤務経験によって変わります。

注意ポイント

【大学、短大卒業】
保育とは関係のない学部、学科であっても受験資格あり

【専門学校卒業】
学校教育法に基づいた専修学校であり、卒業した過程が就業年数が2年以上の専修過程であれば、保育と関係のない学科でも受験資格あり。

【高校卒業】
平成3年3月31日以前の卒業であれば受験資格あり。保育科の場合は、平成8年3月31年以前の卒業であれば受験資格あり。それ以外の方は、保育所や認定こども園、助産施設などの児童等の保護または援護に従事した勤務経験が2年以上かつ2880時間以上あれば受験資格あり。

【大学在学中・中退】
2年以上在学し、62単位以上修得していれば保育と関係のない学部でも受験資格あり。っ現在在学中の人には全て受験資格がありますが、年度中に62単位以上の修得ができなかった。もしくは、在学期間が2年に満たなかった場合は一部科目の合格が認められません

【短期大学在学中】
保育と関係のない学科でも受験資格あり。しかし、在学期間が2年に満たなかった場合は一部科目の合格が認められません。

【専門学校在学中】
専門学校卒業と同じ条件の学校に在学中であれば、受験資格があります。しかし、年度中に
卒業できなかった場合は、一部科目の合格が認められません。

【中学卒業】
5年以上かつ7200時間以上、児童等の保護または援護に従事した勤務経験があれば受験資格あり。該当施設は、高校卒業で勤務経験が必要な場合と同様です。

最終学歴によっては勤務経験がなくても受験は可能です。最終学歴が受験資格に該当しない場合でも、勤務経験の条件を満たせば大丈夫!保育所や認定こども園の他にも児童館や児童養護施設、乳児院なども該当施設に指定されています。

【参考】https://hoyokyo.or.jp/exam/qualify/

保育士試験の受験資格がない。もしくは合格する自信がないという場合には、保育士養成校に通うという方法もあります。

シングルマザーが保育士資格取得のために学校に通う場合、「高等職業訓練促進給付金」制度を利用することが可能です。

こちらの制度は、母子家庭もしくは父子家庭で、児童扶養手当の支給を受けていることが条件。保育士などの資格取得を目指して1年以上学校に通う人を対象に、収入に応じた額が毎月支給されます。上限は3年間。短大や専門学校に通う場合にはぜひ利用したい制度です。

【参考】https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000062986.html

シングルマザーが働きやすい保育園とは

保育士資格を取得していざ就職という段階になったならば、子育てをしながらでも働きやすい職場探しを目指しましょう。

子育てと両立しやすい職場

  • 土日休み
  • 行事が少ない
  • 福利厚生が整っている
  • 有休が取得しやすい環境

企業内保育所や病児保育所は土日休みの場合が多いので、一般の保育園に比べて行事も少ないので負担なく働くことができます。また、子どもの体調不良等で急に休まなくてはならない状況を考えると、保育士人数が豊富な保育園がおすすめ。

福利厚生や園の雰囲気などは求人票からは分かりづらいので、転職サイトを利用すると安心です。

保育士転職サイトとは?体験した私のデメリット・メリット

「転職サイトって求人が載っているだけだと思ってた!」という声を聞きました。 メモ 転職サイトとは保育 ...

続きを見る

無資格・未経験で働ける職場の探し方

保育士として働くためには保育士資格が必須です。しかし、保育士の補助をする「保育補助」としてならば資格がなくても保育施設で働くことが可能です。

保育士不足が深刻な現在、認可保育園であっても保育補助の求人を出している園は少なくありません。パートとしての求人が多いですが、中には正社員の求人も。働きながら保育士資格取得を目指す人をサポートしてくれる園もありますよ。

また、認可外保育園では保育士資格取得者は職員の3分の1以上という規定があるので、認可保育園以上に無資格の人を雇い入れる傾向にあります。

子育て経験がある人は有利ですので、ぜひ積極的にチャレンジしてみてくださいね。自分ではなかなか見つからないという場合には、ハロワークや転職サイトを利用することをおすすめします。

シングルマザー保育士は多い

資格を取得することで手に職をつけられる保育士。保育士の需要は今後さらに高まることが予想されますので、職を失う恐れがありません。

だからこそ、自分自身で生計を立て子育てをするシングルマザーにとっては、保育士として働くことにはたくさんのメリットがあるのですよね。

今は資格を持っていなくても大丈夫。働きながら保育士試験合格を目指したり、母子家庭ならではの制度を利用して学校に通うことも可能です。子どもと一緒に安定した生活を送るために。子育て経験を活かした保育士の仕事を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

-保育士の転職
-

Copyright© ほいくしー , 2019 All Rights Reserved.