保育士になったのに掃除ばかり!保育補助の辛い現状を変えるための提案

保育士の仕事は掃除に始まり掃除に終わると言えるくらいで、掃除ばっかり!と感じることもあります。

しかも保育補助のパートで働いている場合、正職員の保育士たちが子供の世話をする傍らで、掃除を任されるてしまうこともあります。

子どもと関わりたくて保育士になったのに、私は一体何をやってるんだろう?と感じている人も多いですよね。

どうしても職員配置の関係で仕方のない場合を除けば、やはり辞めたいと考え始めてしまうものだと思います。

どの保育園でも掃除ばかりなの?

冒頭にお伝えした通り、保育士の仕事は掃除が多いのは事実です。

でも、もちろんメインは子どもと過ごすことであるはずです。正職員だろうがパートだろうが関係なく、そうであるべきです。

ただ、1歳に満たない赤ちゃんも過ごすのが保育園ですから、清潔にしておくのが大前提!

朝の受け入れ前に綺麗にして受け入れ、子どもが汚せばその都度綺麗にして、食前に消毒、食後に食べこぼしを片付けて消毒…

感染症の増える季節はより一層掃除や消毒ばかりになります。

シフト勤務のパート保育士だと、勤務時間帯がちょうど掃除の多い時間ということはあるかもしれません。

ただ、特定の保育士ばかりに掃除をさせることはあまり好ましくありませんよね。

だって、掃除婦として雇われたわけではないのですから。

そうでもないのに掃除ばかりさせられて、子どもと直接関わる旨味のある仕事はあまりさせてもらえないのであれば、あまり良い職場とは言えないでしょう。

保育士として子どもと関わる時間をたくさん持てる職場はいくらでもあります!

掃除ばかりで辛いときに試して欲しいこと

掃除を楽しんでみる

私の働いていた園には、保育補助のパートとして働く人がたくさんいました。

その中の1人に日本語はなんとか話せる程度の女性がいたのですが、初めは信用も薄くて任されるのは掃除ばかり!

彼女は毎日毎日、文句を言わないどころか保育室の隅から隅までピッカピカに掃除しました。

彼女の真面目さと人柄の良さが伝わり、今ではクラス担任として活躍しています。

まず、任された仕事を全力でやってみる!というのもいいことでしょう。

転職を考える

パート保育士でも歓迎してくれる保育園はたくさんあります。

パート・正職員の立場は違えど、お互いに協力して良い保育を実践している保育園だって少なくないんですよ!

パートだから…

保育補助だから…

子どもをまとめる力がないから…

などと自信をなくすこと必要はありません。

まず転職サイトに登録すゆるのをおすすめします!

▽全国の保育士求人多数掲載!

保育士バンクは私もお世話になりましたが、非公開求人も多数で絶対に登録するべき転職サイトですよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です