保育士の悩み

保育士の仕事が辛い、辞めたい…私の体験と100人の経験談からわかったこと

更新日:

保育士として働き始めたものの「保育士を辞めたくて仕方ない」「仕事に行くのが辛い」と悩んでいませんか?

私自身も同じように悩んだ経験がありますし、実際に100人を超える保育士からアンケートを取り、「保育園は地獄」「女性独特の人間関係にウンザリ」という声が多くて、真剣に悩んでいる人が多いなと感じます。

この記事は私自身の感じた事・100人以上から集めた様々な転職体験談をもとに、保育士を辞めたいと思っている理由や辞めるべきなのかのヒントになるようにまとめています。

保育士の仕事が辛いと感じる5つの理由

私自身の経験とたくさんの転職希望者・経験者の声を聞いてわかったことは、保育士が辛いと感じている理由の多くは次の5つだということです。

  1. 人間関係がウンザリ
  2. こんな業務量をこなせない!
  3. 私のせいで子供に何かあったら…
  4. 園の方針が合わない
  5. 内容と給料が見合わない!

①人間関係がウンザリ

保育士のAさんの悩みです。

保育士5年目になります。1年前から働き始めた保育園で組んでいる保育士との雰囲気が悪くて悩んでいます。

その職場での経歴年数は私の方が短く、保育経験が長くてもその園のやり方が分からない時があるのですが「そんなことも分からないの?」という感じで強く当たられます。些細な事でもすごく怒られるし、自分がやりたくない仕事を押し付けられたりします。

クラス担任は私とその保育士の2人だけ。その保育士は上司の前ではガラッと変わるので誰にも相談することができず、また話しても分かってもらえないだろうと思ってしまいます。

正当な評価をもらえず、協力し合って働くことができない環境で続けていけるのか不安です。

人間関係の問題はどんな職場でも起こることです。

Aさん以外にも、「業務上必要な連絡も、私だけ知らされない」「あからさまに無視をする先輩がいる」など、職員との人間関係に悩む保育士が多くいます。

また、保護者との関係で悩むケースもあり、「〇〇先生にはお任せできないので、担任を変えてください」などと名指しで批判されて辞めたい…と悩む保育士もいました。

②こんな業務量をこなせない!

保育士の残業の多さは昔からですが、保育士不足による過重労働は今も多く聞きます。

短大を卒業して憧れの保育士になり、2年目です。子どもと関わる時間は楽しいのですが、毎日毎日、定時で帰れることなんてなくて、13時間労働だった日もあります。その上、園ではやる時間がないから家に持ち帰ってする仕事も多いです。

保育士の人数が少ないので、休みをもらうのも申し訳ない気持ちになり、滅多な事では取れません。会議や行事などで休日出勤も多く、プライベートの時間がほとんど取れない生活です。

こんな生活をずっと続けていく自信がなく、資格を活かせる別の職種はないのか悩んでいます。

共働き世帯・ひとり親世帯の増加で保育園のニーズは高まり、箱は増えるけど保育士の数が足りていない状態は続いています。2017年には横浜市鶴見区の認可保育園「寺谷にこにこ保育園」が保育士不足のために一部閉園するというニュースがありました。

体力的にも精神的にもキツイ仕事ですから、辞めたい・転職したいという保育士が多くいます。

③私のせいで子供に何かあったら…

1年目の新人保育士です。

他のクラスの子供が室内あそび中に転倒して骨折してしまうという事故がありました。何人もの保育士が現場にいて安全を見守る中で起きてしまった事故です。子供は予測がつかない行動をする時もあり、一瞬目を離した隙にどうなるか分かりません。

私は1歳児クラスを担任しているのですが、ケガをさせた場合を考えると怖くなってしまいます。そういった不安を持っているからか、小さなミスを連発してしまいます。毎日怒られていて、私は保育士に向いていないのではと思ってきました。

子供は好きだし頑張りたい気持ちもあるけど、どうしたらいいか分かりません。

保育中に起きる事故は小さなものもあれば、命を落としてしまう重大な事故になる場合もあります。子供の命を預かっていると思うと、とてつもなくプレッシャーの大きい仕事ですよね。

責任感の強い人ほど、のしかかるストレスによって体調を崩してしまう人が多いです。

私が働いていた保育園では、2歳児の男の子2人が行方不明になったことがありました…。

子どもが園外に脱走した?!保育園の安全対策は万全ですか?

保育士ヨーコです。 毎日元気いっぱいに遊びまわる子どもたちと過ごしていると、ヒヤッとする経験たくさんあると思います。 保育園は子どもたちを安全にお預かりするというのが最大の役目。 数年前に私が実際に勤 ...

④園の方針が合わない

働く園をどんな基準で選んでいますか?

これは私自身が深く感じたことですが、園の保育方針に心から賛同できないと日々の保育が辛くなります。

私が働いていた私立保育園は特色が強く、様々な取り組みを行っている園でした。今では珍しくないですが、10年前から「幼保一体型」を狙わずして実践していたような園です。

専任の講師を招いて行うレッスンも多く、日によっては30分単位で様々なレッスンが入ることもあり、子供たちも職員も本当に慌ただしい毎日。そうなってくると、集団行動を乱すこどもは困りものになってきます。でも私は、そんなに小さいうちから「みんなと同じが良い事」だと教えることにも疑問を感じ始めました。

もちろんレッスンばかりでなくお散歩や自由時間もありましたが、行事では日頃の保育を発表するといってレッスンの成果を出さなくてはいけないというプレッシャーがあるため、行事前は自由時間にも練習が増えます。

最初は、「子供の可能性を最大限に活かす」ための様々な取り組みに魅力を感じていましたが、私はもっとのんびりと個々と関われる「自然の中から学ぶ」ような保育がしたいと思うようになりました。

⑤内容と給料が見合わない

保育士10年やっていますが、給料はほとんど上がっていません。今の職場は働きやすくて好きなのですが、勤務年数に応じて責任ある仕事が増える一方で、お給料はほぼ変わらないのが辛いです。

正職員なので早番・遅番・休日出勤と何でもこなしますし、書類や制作準備は家ですることも多いです。正直、働きづめ…。大好きな仕事だけど生活に余裕はなく、この先ずっとこの状態で働き続けるのは無理だと感じています。

保育士やってる以上、仕事量や仕事内容に対するお給料の安さは仕方ないのでしょうか…。保育士辞めるしかないのかなぁと悩んでいます。

結婚・出産を機に保育士を辞めた人が、保育士に復帰しないで潜在保育士になっていることが多いそうです。その理由は、仕事量が多くて家庭との両立が不安というだけでなく、そんなに大変な思いをしても大して稼げないからというのが本音ではないかと思います。

保育士を辞めるべきか、続けるべきか

辞めたいと考える保育士は多いですが、転職せずに職場に残った人・転職をした人・仕事自体を辞めた人、と取る行動は様々です。そして、今幸せに過ごしている人、またはその後も上手くいかなかった人と、行動の結果も違います。

自分は辞めるべきかどうか悩んでいる方も多いと思うので、いくつか実際のケースを紹介します。

そのまま職場に残ったケース

上記「人間関係の悩み」事例の保育士は同僚にも「辞めたい」と相談していたようで、どこからか上司の耳にも届いてしまいました。人手不足ですし良い方なので、当然職場に残るように説得されます。

その結果、本人ももう少し頑張ると決めて働いていたのですが、辛いことは続いたようです。ストレスによって軽度のうつ状態となっていたことに気づかないまま働き続けて、最終的には休職→退職することになってしまいました。

保育士がうつ病になって休職した実話。保育園の残業、パワハラ、辛かった毎日

保育士として公立保育園で6年間・私立保育園で1年間、勤務してきました。 私立保育園で働いた1年間が1番辛かった…。 私立保育園は残業が多い 勤めていた私立保育園は保育内容に特色があり、少し離れた地域か ...

教訓頑張りすぎないこと!

「真面目で責任感が強くて優しい」という保育士にぴったりな人ほど、合わない職場で悩んで潰れてしまうことが多い気がします。私のまわりだけでも何人も精神を病んで辞めていきました。

軽度の状態で気づけばまだ良いですが、そのまま悪化すると回復するまで本当に時間がかかります。働くこともできないという状態までになってしまった人も少なくないです。

そうなってしまっては元も子もないですよ!大事なのはあなた自身です。早い段階で、まずは外部の相談相手を見つけることが大切です。

保育士から異業種に転職したケース

保育士の仕事を続けていく未来が見えなくて、保育士を辞める選択をした人もいます。

保育士以外に何も資格や経験を持っていなかったので、仕事を見つけることはかなり大変だったようです。苦労した末に、念願の事務の仕事に就けたのですが、そこでも人間関係の問題はありました。

保育の仕事でPCは多少使っていた程度だったのが、毎日ほぼパソコンの前に座っての仕事になり、分からない事だらけです。新人だけど若くもないので、「そんなことも知らないのか」と言われてしまいまわりに聞きずらい環境。

コピー機の使い方も分からないことをバカにされながらも、頑張って資料を作れるまでになったものの…。

ただ黙々とパソコンに向かって仕事をして、先輩よりも先に電話に出て、お茶を入れて…という毎日に嫌気が差してきて、「保育士ほどやりがいのある仕事はない」と感じたそうです。

教訓ゼロから始める気持ちを持つこと

本当に保育の仕事を辞めたいのか、保育は続けたいけど今の職場を辞めたいのかで大きく違います。また、保育の仕事を辞めたいのなら、何がいやで辞めるのかで選ぶ職種も見えてくるかもしれません。

とはいっても、保育の勉強しかしていなくて、保育経験しかない場合、異業種への転職はかなり厳しい状況だと思います。雇用条件が今より悪くなったとしても、ゼロから頑張るんだ!という気持ちでやることが大事ですね。

何かを始めるのに遅いということはないですが、本気でやりましょう!

保育士資格を活かして転職したケース

保育園で大勢の子供をみることに疲れてしまったという人がいました。私もそうですが、少人数のこどもとじっくり関わる保育が向いているタイプだったのですね。

その人は、「保育園」という枠にとらわれず病児保育室へ転職しました。

すると、今までより少ない保育士と看護師で毎日子どもたちを見るのですが、預かる子供の数以前の職場の半分程度。しかも、カリキュラムや行事に追われることなく、ゆっくりと保育ができます。

体調の良くない子供を預かるので急な変化を見逃さないように緊張感はあるけど、看護というのが思いのほか自分に合っていたという発見もあったそう。

教訓優先順位を決めよう

何を1番大切にして転職先を決めるべきなのかを考えてみてください。

上記の方は、「少人数保育」「時間に追われない」ことを優先に探した結果、病児保育に辿り着いて成功した例です。

大規模な園なら、グループ内の別の園に異動してみるのも良いかもしれません。同じグループ内でも、園長によって全く雰囲気が違う事も多いです。

異動という選択肢がそもそもないのなら、自分自身の考えをきちんと持って転職活動をスタートしましょう。

転職活動を初めても良いのか

今、辛い・辞めたいと感じているのは確かでも、そこから取るべき行動を自分だけで判断するのは難しいと思います。先に色んなパターンを紹介しましたが、自分がどのパターンに当てはまるのか判断すること自体難しいと思うからです。

第3者に話を聞いてもらううちに、少しずつなぜ辞めたいのか、辞めてどうしたいのかということが整理されていくはずです。

ヨーコ
話すだけでスッキリすることもあるので、保育のことを全く知らない異業種の友人に話してみるのもいいかも。

特におすすめなのは、保育業界に詳しくて「聞くことのプロ」である転職エージェントに相談することです。

私もそうでしたが、親身になって色々と聞いてくれるエージェントの方と話すうちに自分が辛い原因が分かり、どんな環境を求めているかがだんだんとハッキリしてきました。元保育士のコンサルタントも多いので、多くを語らなくても理解してもらえている感覚が心地よかったです。

おすすめ転職サイト

転職するべきかどうかの判断がつかない方も、転職したい気持ちが固まった方も、転職サイトに登録して相談してみてください。

保育士の資格を活かして転職するのなら保育専門の転職エージェントを利用するのが良いですよ。

メモ

もちろん全て無料で、登録して紹介を得たら必ず転職しなければならないわけではありません。

中には悪質で強引なエージェントもあるので、ここでは大手で評判の良い転職サイト3つを厳選して紹介します。

  • 保育ひろば
  • マイナビ保育士
  • 保育士エイド

私も実際にお世話になりましたし、多くの保育士にヒアリングして評判の良かった上位3つです。

ただし、エージェントや担当コンサルタントとの相性はあるので、2~3つに登録することをおすすめします。

保育ひろば:利用者満足度No.1

『保育ひろば』は業界トップクラスの求人数を持った保育士向けの転職エージェントで、サポートに関しても利用者の評価がとても高いです。

日本全国に支店があり4万ヶ所以上の保育園と繋がっているため、各地域の保育園事情に詳しいアドバイザーがいて、熱心に対応してくれると好評でした。

会社について 株式会社ネオキャリア。
アドバイザー 全国に拠点があり4万ヶ所の園と繋がっているため、その地域の園事情に精通している。
求人数・質 業界トップクラスの11,000件以上の求人を持つ。

マイナビ保育士:抜群のサポート

『マイナビ保育士』は転職業界大手の株式会社マイナビが運営する保育士向けの転職サイトです。

転職エージェントのほとんどは電話での相談のみですが、マイナビ保育士は1人1人の顔を見て話すことを大切にしています。時間をかけて、リラックスした環境で様々な話をして、その人自身のことや希望の仕事内容などを深く把握してもらえるからサポートもスムーズに運びます。

残念なのは、東京・神奈川・埼玉・千葉の求人のみ扱っているという点。その分、厳選された優良求人ばかりです。

会社について 株式会社マイナビ。
アドバイザー 中でも優秀な人材が転職部門に集まっていて、質の高いサポート。
求人数・質 3,000件

保育エイド:マッチング満足度◎

『保育エイド』は株式会社サクシードが運営する保育士向けの転職サイトです。

転職を考える保育士の80%が「人間関係の悩み」が原因と答えていることから、人間関係の良い職場のみを厳選して紹介しています。

元保育士の女性コンサルタントはとても感じがよく話しやすい印象。ヒアリングのプロたちなので、どのような転職であなたの悩みが解消されるか一緒に考えてくれます。

会社について 株式会社サクシード
アドバイザー 元保育士や子育て経験者の女性が多く話しやすい。
求人数・質 厳選された求人のみ

さいごに

今はつらい時期かもしれませんが、せっかくの資格や経験が生きる場面に必ず出会えるはずです。

そのためにも、自分の可能性を狭く考えずに色んな道を探してみるのもいいのではないでしょうか。

まずは気軽に下記の保育士キャリアのプロに相談してみることをお勧めします。

  • 保育ひろば
  • マイナビ保育士
  • 保育士エイド

1人でも多くの保育士が明るく過ごせることを祈っています。

-保育士の悩み
-, , ,

Copyright© ほいくしー , 2018 All Rights Reserved.