保育士の悩み 保育士の転職

保育士が転職を決意した7つの辞めたい理由。笑顔が消えた日々でいいの?

更新日:

あなたが保育士辞めたくなった理由は何ですか?

意欲をもって保育士になったはずなのに少しずつ笑顔を失っていく…。
まさに私がそうでした。

同僚の保育士とは挨拶すらしないこともあったり、

些細な間違いを大勢の前で叱られたり、

片づけや掃除しかしてないって日があったり、

非協力的な保護者に振り回されたり…。

無意識にため息ばかりが出てしまう毎日で、ただ機械的に仕事に行って保育をしていました。

「私は保育士に向いていないんだ…。」
「もう保育士は辞めよう…。」

そう感じて涙が出ることもありました。

でも!今は自分に合わない職場で働いていたから辛かったんだって分かります。

だって転職してからは、忙しい毎日でも笑顔で楽しく過ごせるようになったから。

ヨーコ
これを読んでいるあなたが保育士辞めたいと思っているなら、大丈夫!私も同じだったけれど、嫌な事・やりたい事がハッキリとしたおかげで自分に合う職場を見つけて生き生きと働くことができたことを伝えたいです。

しかも私の場合、転職先ではお給料も大幅にアップするという大きなおまけも付いてきて、あの時行動して本当に良かった!と思っています。

保育士辞めたいと思っていたあの頃、スマホで何気なく検索して辿り着いたブログを見て転職サイトの存在を知りました。あの出会いがなければ、そしてその時に行動を起こしていなければ、今の私はいなかったはずです。

私自身が辞めたいと思っていた環境や起こした行動についてお話したいと思います。

↓↓私がお世話になったのはこちら↓↓

 

常勤保育士の10人に1人が1年で離職しているというデータがあります(厚生労働省「社会福祉施設等調査」)。パート保育士ならもっともっと多いはずですね。


出典:厚生労働省/保育士等確保対策検討会「保育士等における現状」/平成27年

保育士辞めたい理由① 保育士同士の関係性が難しい

保育士としての経験・経歴、その園での勤続年数、年齢などなど、上下関係が複雑に絡み合っている保育士たちが連携して仕事をするのが保育園です。

私が最初に勤めていた園では担任を持っていませんでした。それにも関わらず、たまに会う子供が担任の保育士ではなくて私に駆け寄って来たりすることがあると嬉しい反面、担任保育士の視線を感じて怖い思いをしていたのも事実…。

本当に些細な事ですが、「〇〇ちゃんの1番は私」でありたい保育士ばかりで、ましてやパート職員なんかに負けたくない(勝ち負けじゃないんだけど)というのを感じて非常にやりづらかったです。

クラスで失敗したことがあった時には、その時ヘルプで入っていた私のせいだと上司に告げ口されたこともありました。

一緒に働く仲間から受けるストレスは、些細な事でもじわじわと苦しめられ続けます。

保育士辞めたい理由② 1歳児30人のクラス

当時勤めていた保育園は、0~2歳児だけで100名近い子供がいる園でした。

私は担任クラスを持たずに、毎日ヘルプが必要なクラスに入って保育する日々でした。ただでさえ初めてのことだらけで覚える事がいっぱいあるのに、毎日クラスが変わるので子供の顔と名前を覚えることもできません。

子供たちと仲良くなれたと思っても、次の時はまた泣かれる…なんてこともありました。

特に1歳児クラスは本当に大変で、1クラスに1歳児が30人在籍していました。

国の基準では、1歳児6人に対して保育士1人の配置が義務付けられていますが、その園では基準数以上の保育士が配置されていました。

具体的には、30人の1歳児クラスに7~8人の保育士。約4人の子供に対して1人の保育士がいる計算です。
すごく手厚い保育のような感じがしますが、1歳児18人のクラスに保育士3人の方がゆとりをもって保育ができると思います(子供6人に対して保育士1人)。

だって、担当する子供が決まっているわけでもないですから(そんなの無理)保育士はクラス全体を見渡している状態です。ということは、30人の子供を見ている保育士が7~8人いるという事でしかなく、それぞれにかかる緊張感や慌ただしさは相当なものです。

保育士辞めたい理由③ 保育観の違い

1歳児クラスに限らず園児数が多い園で、英語や体操、リトミックなどの特別クラスも多く、運動会や発表会はかなり大掛かりでとにかくいつも忙しかったです。

0歳児クラスでも外国人講師が入って英語の絵本を読み聞かせたり歌を歌う時間がありますが、週に1回来る体の大きな外国人を前に毎回泣きわめくだけの子供もいました。

2~5歳児になると集団行動することを覚えていきますが、中にはいつも外れて違う事をする子どもも当然います。

その子どもにだって理由があるし、他に夢中になれることはあるはずですが、みんなと同じ行動ができないだけで注意されてしまう環境に疑問を持つこともありました。

保育士の中には「〇〇くんは発達障害かもね…」なんて言う人もいて、それを聞いた他の保育士もそういう目でその子どもを見るようになってしまったり…。

少しみんなから外れて目立ってしまうだけで「問題児」のような扱いで、その子どもの保護者に間接的に転園を勧めていました。

集団から外れる子供に対応するための保育士が必要になるので、ただでさえ人手不足の現場では厳しい状況であったのは理解できましたが、もっと個々に寄り添った保育がしたいと常々感じていました。

保育士辞めたい理由④ 理不尽な保護者

保育園のブログは保育園の日々の活動が分かるので、保護者にとって楽しみの1つとなっていました。ただでさえ仕事が溢れている状況でしたが、保育園の宣伝効果もあるため、園長から更新頻度を落とさないように言われていました。

大人数の子供をお散歩に連れて行くだけで一苦労なのに写真も撮らなきゃいけない!しかも、写りがイマイチだとダメだし…。

中でも、「うちの子が全然写っていない!もっと写真を撮って欲しい」という保護者が複数名いて、全ての子がまんべんなくブログに登場するように配慮するのが本当にしんどかったです。

それに、私は自分の子供を他の園に預けてサービス残業をして保護者の帰りを待っているのに、買い物袋をさげてお迎えに来たり、明らかに朝と髪型が変わっていて美容院に行ってきたのが分かったり…。

リフレッシュで保育を利用するのが悪いとは言いませんが、その頻度が高かったり、子供の体調が悪くて連絡しても一向に迎えに来ないような保護者もいたので、すごく切ない気持ちになりました。

保育士辞めたい理由⑤ 仕事内容と給料が見合わない

すごい人数の子供たちを安全に預かるというだけでも、ものすごく責任の重い仕事です。

子供がつまづいて膝を赤くしただけでも保護者に「申し訳ありません。」と状況説明して謝罪するのですから、ケガをしないように保育士はずっと神経を尖らせている必要があります。

子ども同士のかみつきや引っかきも頭の痛い問題で、大らかに見てもらえる保護者もいれば、「絶対に〇〇くんのそばに近づけないでください。」と目くじら立てる保護者もいます。

保育士同士の関係も難しさ、子供を安全に預かる緊張感、カリキュラムをこなさなければいけない疑問、保護者からの圧…、ストレスに押しつぶされそうになる毎日の中、家に帰っても仕事をしなければいけないくらい働いているのに、お給料はウエイトレスのアルバイトより低い…(泣)

異業種からの転職でお給料がかなり下がることは覚悟していましたが、こんなに頑張っていて責任も重い仕事なのに認められていない感じがして悲しくなりました。

保育士辞めたい理由⑥ 自信が無い

子供が好きだからという理由で保育士になった人はたくさんいると思います。中には大人しいタイプの人もいるでしょう。

私もそうですが、たくさんの人の前で何かをするのが苦手。大きな声も出ません。

でも、保育士って子どもたちの前、保護者の前、先生たちの前で何かをする機会がすごく多い仕事なんですよね。

大きな声でハキハキと元気で若い保育士を見て、自分にどんどん自信がなくなっていく気がしました。

今となっては、保育はチームプレイだから色んなタイプの保育士がいる方が良いことも分かるんですが、その当時は自分にできないことばかり気になっていたんですよね。

保育士辞めたい理由⑦ 休みが取りづらい

プレッシャーや忙しさでストレスまみれの日々ですから、体調を崩すことだってあります。
限られた人数で保育をするので、急な休みが取りづらいのは仕方のないことですが、37℃台なら無理してでも出勤していました。

中には38℃あるのに仕事をしている仲間もいました…。

前もってお休みをもらいたい日があれば、早めに申告して有給を取得することができるのが普通だと思っていたのですが、保育業界では平日の有給取得がタブーという空気があります。

「有給は急な体調不良の時に使う物」であって、そういう時のために使わずに取っておくものだとハッキリと言われました。

有給を使わず、良く働く保育士が良い保育士として評価されるなんてバカバカしいと思いますが、そうゆう園が多いのが事実です。

保育士辞めたいけど辞められないあなたへ

色んなことが積もり積もってもう保育士辞めたいという気持ちでいっぱいになっていました。

合わない保育士と組んでクラスを運営していくことは、ものすごくストレスです。それが自分よりも先輩にあたる保育士なら尚更。

もしくは、主担任としての責任を1人で負って潰れてしまった仲間もたくさん見てきました。

私はなんとか年度末まで頑張って退職しましたが、年度末だからって辞めづらい状況は変わらないです。

もし、何をやっても楽しくない、食事が美味しくないとか感じているなら、体がSOSを出している状態!そのまま頑張り続ければ、回復するのにすごく時間もかかる深刻な状況になりかねません。

実際に私はそうなってしまった仲間を何人も見てきたので、真面目な人ほど「頑張らなくていいよ」って伝えたいです。

誰にも迷惑をかけずに辞めるのは不可能です。あなたが辞めたらその穴は必ず誰かが埋めていきます。大丈夫です。

子供たちだって、しばらくは戸惑うけどすぐに忘れます(淋しいですけどね)。

保育士がうつ病になって休職した実話。保育園の残業、パワハラ、辛かった毎日

保育士として公立保育園で6年間・私立保育園で1年間、勤務してきました。 私立保育園で働いた1年間が1番辛かった…。 私立保育園は残業が多い 勤めていた私立保育園は保育内容に特色があり、少し離れた地域か ...

その職場で働き続けたいと思えないなら、転職を検討してみるのをおすすめします。迷っているだけでは何も解決しませんよ。

やっぱり転職はしないって思えばそれはそれでいいわけですからまずは行動してみましょう。

辞めると決めたらまず伝える相手は誰か?退職理由はどうするか?など、こちらの記事で紹介しています。

保育士だって年度途中で辞めて大丈夫!スムーズな退職と再就職のステップ

保育士ヨーコです。 「毎日職場に行くのが辛い」 「1日も早く辞めて、もっと良い職場に転職したい」 そう思っている人はいますか? 担任を持っているし年度途中の退職なんて無理!とあきらめることはありません ...

保育士辞めた後の計画

しばらく仕事をしないでも暮らしていける人はいいですが、働かないといけない人も多いですよね。できれば、在職中に次の仕事を決めておくのがベストです。

保育士資格を活かして転職するなら

保育士の資格を活かして働けるのは、保育園だけではありません。

私のように少人数の子供とじっくり関わる保育がしたいなら、たとえば病児保育室やベビーシッターという選択肢だってあります。

最近増えてきた企業内保育所なら、大きな行事も残業もないことから家庭との両立もしやすく、プライベートも充実すると人気があるようですよ。

保育士の仕事の種類は幅広い!自分に合った仕事内容を選べる診断もあるよ

保育士ヨーコです。 保育士っていうと、保育園で働くのがパッと浮かびますよね。でも、保育士が活躍できる仕事の種類ってたくさんあるんです。 保育園勤務はたのしさもやりがいもあるんだけど、勤務時間の長さや業 ...

辞めたいけど保育士を続けたいのなら保育士専門の転職サイトを利用しないと損!

保育士の仕事で毎日ヘトヘトで求人を探す気力ないわ…。

分かります!まさに私がそうでしたから。

転職サイト(転職エージェント)を利用すれば、担当コンサルタントがついてくれて代わりに希望に合う求人を集めて来てくれますよ。

それだけでなく、通常の求人サイトやハローワークなどには出ていない、いわゆる非公開求人をたくさん持っている転職サイトもあるので、使わないのは本当に損だと思います。

私が最初に登録した保育士バンクは、担当コンサルタントのほとんどが元保育士の女性なんです。

だから、悩みの共有がしやすくて、すごく話しやすくて、スッと心に入ってきたというか(なんか怪しく聞こえるけど 笑)そのおかげで、私がかつて思い描いていたような保育士として働く経験ができました。

ただ、なんでもそうだけど、万人受けすることって存在しませんよね。

転職サイトってたくさんあって、それぞれ力を入れていることが違うし、担当者さんとの相性だってあります。

だから転職サイトを利用するなら、2~3つ登録してみるといいですよ!

保育士ヨーコのおすすめする保育士転職サイト

1位 保育士バンク 日本最大級の求人情報量でここでしか見れない非公開求人多数!
2位 保育ひろば 満足度95%の丁寧なカウンセリング。お祝い金最大2万円!
3位 マイナビ保育士 1都3県に特化した求人。コンサルタントのサポートはピカイチ!

そうゆうのめんどくさい!非公開求人だけ見て、あとは自分で直接やり取りしたいという人だったら、ジョブメドレー1択です!

電話面談なしで利用できるのは、ジョブメドレーしか聞いたことないですから。

保育士辞めたくなったら

自分が嫌だったことを整理していくと、自分に合う保育方針や条件が見えてきました。

私の場合、軽い気持ちで登録した転職サイトのコンサルタントと話すうちに自分の理想が見えてきたのですが、自分で紙に書き出して客観的に見てみるといいと思います。

結果として私は少人数ののびのびとした保育園を紹介してもらい、保育観の合う園長の元、心から良いと思える保育ができる環境と出会うことが出来ました。

職員数も少なくなり、急なお休みは取りづらいところはデメリットと言えるかもしれませんが、人間関係が良いので全く問題ありません。

保育士辞めたい、辛いと思いながら保育をしているのなら、あなたには合わない園なのかもしれませんよ。

簡単に転職を勧めるつもりはありませんが、自分のやりたくない事・やりたい事を整理してみてください。

1度きりの人生、悩んで辛い思いを我慢して働いていていいんですか?

-保育士の悩み, 保育士の転職
-

Copyright© ほいくしー , 2018 All Rights Reserved.