保育士の転職

男性保育士にもおすすめ!保育園本部の仕事内容・お給料・やりがい!【保育士が活躍する仕事】

更新日:

こんにちは、保育士ヨーコです。

保育士が活躍する仕事シリーズとして、保育士資格・経験を活かせる職場のご紹介です。

今回は保育園本部の仕事について。

実は、私も今は保育園本部で働いています。

  • PCの仕事が得意
  • 企画のアイデアを考えるのが好き
  • 保育園以外の社会経験がある
  • 子どもが好き
  • 腰痛などの持病がある
  • 年齢的に保育がきつくなってきた

そんな人には、保育園本部で働くという選択肢もあります。

実際に保育の仕事をすることもありますから、保育から離れすぎずに働きたい方にもおすすめです。

保育園本部の仕事内容は?お給料は?

今回は、私がパート職員として働いていた状況と、同じ保育園本部に所属する正社員の状況をお話します。

保育園本部の仕事内容はどんな感じ?

保育園の規模にもよりますが、経理・人事・広報・総務・営業・企画といった保育園運営管理の仕事を全て行っています。

経理

補助金の申請や延長保育時間の報告など、行政との連携を経理担当者が行います。

監査に関わる書類仕事も多いです。

人事

各保育園に必要な職員数を把握したり、求人の企画、面接の対応などを人事担当者が行います。

求人者向けに見学会・説明会を企画・開催したり、現場保育士の面談・フォロー、研修の企画立案などの仕事をしています。

また、所属保育士に関するデータ入力などもあります。

地方の学校から保育士を確保するために出張することもありました。

広報

保育園のちらし・パンフレットの企画や制作などを広報担当者が行います。

園の顔として、地域の交流会や役所へのあいさつ、保育園同士の会議などは園長と共にする仕事。

また、保護者説明会や保護者に対する園案内を担当することもあります。

総務・労務

私の勤める園では、職員の給与計算・社会保険手続きなどは労務士さんに委託しています。

ですが、労務士さんにお願いするまでの段階を管理するのは経理担当者の仕事です。

勤怠管理・年末調整・産休育休など、本部経理担当者が労務士とやりとりをしています。

各園からあがってくる有給休暇の申請処理・管理も最終的には本部で行います。

企画

新園の立ち上げや認可移行の検討など、運営に関わる大きな企画を行います。

設計士との打ち合わせや行政への対応の仕事があります。

保育園本部での1日の流れは?

現場保育に入ることもありますが、オフィスワークが中心です。

9:00 出勤

お客様対応用に冷たいお茶を用意しておいたり、事務所内の清掃・ゴミ出しなどをします。

10:00 園見学の対応

入園を検討する保護者に園を案内します。

保育で大切にしていることや活動内容とその目的などをお話して、実際に保育園内を見学します。

11:30 事務仕事

12:00 昼食

お弁当を持参したり、外にランチに行く時もあります。

13:00 会議

本部スタッフ・各園長が集まって、週1回会議をします。

15:00 事務仕事

資料作成や電話対応などを行います。

18:00 退勤

翌日の準備や連絡事項を済ませて帰ります。

園見学や会議が無い日には、現場に入ったり資料作成作業をします。

保育園本部のお給料はどうなの?

私の場合は、パート職員なので時給計算となり、1,300円。

一般的な保育士より高い時給をいただいています。

正社員の場合、担当業務にもよりますがかなり高給だと思います。

求人で見ると月給220,000円~。管理職なら270,000円~。

出張可能の場合330,000円~などとなっています。

私の園の本部管理職は、色々な手当ても付いて月給500,000円近いようです(!)

保育園本部の良いところ・やりがいは?

保育現場の仕事が在園児や保護者のサポートとするならば、保育園本部の仕事は在籍する保育士や地域レベルでの保護者をサポートすることが役目だと思います。

私の場合、現場と裏方仕事の中間のような立場で仕事をしていました。

そして主に「広報」業務を担当していました。

保育ってすごい!尊い仕事なんだってこと。保育園に子どもを預けるのは「可哀想なんかじゃないよ!」ということ。私が伝えたいと思っていたこと伝えるのが広報担当者の仕事でした。

まさに、やりたいこととドンピシャだったという感じです。

私が手掛けたホームページや私が対応した園見学で入園を決めたというお話を聞くと、本当に嬉しく思います。

それに現場の職員たちに頼りにされると頑張らなきゃって力が湧いてきます!

担当クラスを持つことはないので利用者からしたらあまり関わりのない立場ですが、担当する園の子どもたちの名前・保護者の顔は把握しています。

どんな家庭で子どもはどんな性格なのかまで頭に入っています。

そうでなければ現場のサポートはできないですからね。

大変と言えば大変ですが、人の役に立つこと、サポートすることが好きなので、その点はとってもやりがいがあります。

保育園本部の大変なところは?

保育現場と経営上層部の間に挟まれることでしょうか(汗)

私としては、どちらかというと現場よりの気持ちに近いのですが、働いているのは上層部の近くなので、辛い時があります。

「踊る大走査線」の名ゼリフに現れている通り、事件は現場で起こっているのに、本部は会議室で会議ばかりしている。

そんな風にならないように、現場と密接に関わることは欠かせません。

私の場合は現場に入る時間もしっかり取れましたが、経理や労務は担当の仕事だけでも多忙です。

正社員であれば、営業として外に出ることも多く、出張があることもあります。

時間的に許されるなら、正社員でバリバリ働ける職場だと思います。

保育園本部の仕事は好き?

シビアな現実も見なければいけない職場ですが、保育の良さを広めるという仕事は大好きです。

保育業界以外の経験がある職員が多く集まっているというのも、刺激を受けられて良い点ですね。

保育園本部の仕事は縁の下の力持ち!

毎朝の受け入れやお迎えの対応で保護者対応をすることはないし、毎日同じクラスに入って子どもたちと過ごすこともありません。

でも、その保育園を根底で支える仕事をするのが本部の仕事。まさに縁の下の力持ち的な立場です。

保育園の運営・企画など大きな部分で力を発揮できることから、バリバリの営業職から転職してくた人もいます。

そして基本的にみんな子どもが好きで、子どもたちの幸せを願いながら働いています。

役員クラスとは行かなくても本部で主要な立場になれば、一家を養えるほどのお給料はあるので男性にもおすすめです。

さいごに:保育士の活躍する職場はたくさんある!

保育士の活躍する仕事は他にもまだたくさんあります!

保育士の資格を活かした仕事の種類は幅広い!診断もあるよ

保育園勤務はたのしさもやりがいもあるんだけど、勤務時間の長さや業務量の多さに辟易することも…。 保育 ...

続きを見る

保育士の資格を活かして、働き方を変えてみるのも良いですよね♪

保育士転職サイトとは?体験した私のデメリット・メリット

保育士ヨーコです。 以前書いた記事を読んで、「転職サイトって求人が載っているだけだと思ってた!」とい ...

続きを見る

-保育士の転職
-,

Copyright© ほいくしー , 2019 All Rights Reserved.