保育士の悩み 保育士の転職

育休明けに子供との時間がもっと欲しい!と思って私がしたこと

投稿日:2017年10月27日 更新日:

保育士ヨーコです。私には、11歳の息子・8歳・2歳の娘がいます。

働くことは好きで、長男が1歳になる少し前からずっと働き続けてきました。
家事・育児・仕事を両立させるのは、本当に大変!

  • 病み上がりの子どもを家でゆっくり過ごさせてあげたい
  • 平日の夜にゆっくり子どもと触れ合う時間が少ない
  • 気付いたら子どもの爪が長い!髪の毛伸びちゃってる!など、ケアが行き届いていない

など、私はダメな母親だと感じることが多くなってしまいました。

子ども自身も

  • 学童保育以外で友だちと遊びたい
  • 家にお母さんがいるお友だちが羨ましい

ということをポツリと漏らすことがあり、淋しい思いをさせているなと思っていました。

そして、ふと思ったんです。

1番大切な事って何だろう?

 

生活を少しでも豊かにするために働いているけど、子どもとの時間を犠牲にして意味があるの?

職場では私の代わりはいくらでもいるけど、子どもたちの母親は私1人だけ!

 

だから、1番大切な事を大事にできるように働き方を変えることにしたんです。

結果、小さなわがままに答えてあげられる毎日の余裕ができて、子どもたちも私も笑顔が増えました。

育休明けに多くの母親が感じる「仕事と育児の両立」の壁。

私の経験が働き方や考え方の参考になったら嬉しいです。

育休明けに感じた辛さ

とにかく目まぐるしい!!!

主人は平日夜遅く帰宅するので、ワンオペ育児です。

朝起きてから夜寝るまで、平日はホッと休める時間なんてほとんどない状態。

朝は子どもと自分の支度でバタバタと出かけて…

日中は残業にならないように働きまくり…

慌ただしく子どもたちのお迎えにいって…

帰宅したら夕飯→子どもの宿題みる→お風呂→寝かしつけ!

ひとやすみ~とソファに座ったら最後、動けません(笑)

 

そんな慌ただしい時間の中で、しっかり子どもと向き合えているのか?

子ども同士のちょっとしたケンカやわがままにゆったりと接する余裕がなくて、感情的に怒ってしまうこともたくさんありました。

フルタイム勤務でも愛情たっぷり育っている子はたくさんいるので、自分はダメな母親なんだって凹みました。

人と比べる必要はない

当時の職場の上司は、いつもフルタイムでバリバリ働く保育士のことばかり褒めていました。

  • 娘さんの小学校で行う2分の1成人式の日も休まず勤務する職員
  • 0歳児の息子さんを持ちながら早番・遅番もこなす職員
  • 夏休みに小学生の息子さんを家に留守番させて働く職員

仕事最優先!とも取れる行動に対してばかり褒め称える上司で、本当に子どもと接する仕事をしている人なんだろうか?と思ってしまいました。

経営者の立場からすれば、そういう職員の存在が有難いのは理解できますが…。

働く目的も生きる環境もそれぞれ違うので、上記のような職員を責めるつもりはありません。

ただ私の場合は、

  • パート勤務の収入程度があれば問題ない経済状況
  • 子どもたちとの時間がもっと欲しい

という結論に至ったので、勤務時間を減らすことにしました。

働き方は自分次第

正職員として産休・育休をいただいているのなら、「時短勤務」で復職できる場合も多いと思います。

でも実際に働きだすと、時短勤務時間内で仕事が終わらなかったり、気が引けて帰りにくかったりといった方もいるようですね。

どんな雇用形態でも、「自分の1番大切な事を大事にするためにどうしたらいいか」を考えてみてください。

たとえば時短勤務内で帰りたいなら、

  • 勤務時間内は人の倍動くくらい頑張ってみる。
  • 業務効率化のアイデアを提案してみる。
  • どうしても職員が足りなくて、自分が手伝えそうな時は気持ちよく受ける

など、まずは努力と誠意を示してみると意外とスムーズにいくかもしれません。

ただ、慢性的に職員不足の場合は辛いですね。

園長に相談しても変わらないようなら、転職をおすすめします。

育休明けに転職だなんて…

年度途中で辞めるのは…

というのはごもっともだし、できれば避けてもらいたいです。

でも、冒頭にも言った通り、あなたの代わりの職員は見つかっても、子どもたちの母親はあなただけですよ!

保育士だって年度途中で辞めて大丈夫!スムーズな退職と再就職のステップ

 

私がお世話になった保育士転職サイトは、保育ひろばです。

とりあえず登録だけして、転職に備えて情報収集するのも良いと思います。

保育士求人・転職サイトとは?体験した私のデメリット・メリット

さいごに

子どもが「ママ!ママ!」と言ってくれるのは、ほんの一時だけです。

子育てが大変すぎて、長いトンネルにいるような気分になる時もありましたが、きっと過ぎてしまえばあっという間。

すでに長男は親離れしつつあり、淋しくなってきました。

一生を左右するかもしれない幼少期の親子関係に後悔が無いようにしたいです。

あまり器用なタイプではない私は仕事を減らしましたが、自分に合ったスタイルで生き生きと過ごす母親でいられたらいいんだと思います。

子育てと仕事の両立で悩んでいるお母さんたち、1番大切にしたいことは何ですか?

 

保育士さんが働きやすくなるためのメールマガジン

  • 新人保育士さんで仕事に慣れずに辛い方
  • 復職して家庭との両立に悩んでいる方
  • 保育士としてのキャリアをより良いものにしたいと考えている方

私の経験や知識から伝えられることがあると思い、メルマガをはじめました。登録・購読はもちろん無料で、いつでも解除できます。

メルマガを読んでみる

-保育士の悩み, 保育士の転職
-

Copyright© ほいくしー , 2019 All Rights Reserved.