保育士の悩み

保育士の給料平均を徹底検証?安い理由や引き上げはあるかなど

更新日:

「保育士の給料は安い」と政府が処遇改善策を打ち出していますね。それほどまでに他業種に比べて低い給与なのでしょうか。

不安になっている保育士のために、保育士の平均年収・給料の本当などを徹底リサーチしました!

保育士の平均給与-公立・私立で比較

保育士の給料は安いの?私立保育園

私立保育園の保育士平均月額給与:221,900円

ボーナスは584,200円となっているので、平均年収額は3,247,000円です。

参照データ:平成28年賃金構造基本統計調査
(私立保育園・児童福祉施設勤務の女性が調査対象)

公立保育園

公立保育園の保育士は公務員です。

詳細なデータはありませんが、実際に働いている(もしくは働いていた)公立保育園の保育士に調査をすると、私立保育園の平均給与のおよそ2倍のお給料をもらっていました。

長く勤務する人がほとんどのため、年数によって給料が段階的に上がっていくという特徴もあります。

保育士の平均給与-年齢別で比較

保育士の仕事は経験年数・勤続年数によってお給料が上がることが多いため、年齢が上がるにつれてお給料が上がる傾向にあります。

年齢 平均月額給与 賞与
20~24 11.2万円 44.9万円
25~29 14.0万円 55.9万円
30~34 27.8万円 61.4万円
35~39 17.5万円 70.1万円
40~44 19.7万円 78.8万円
45~49 22.1万円 88.2万円
50~54 23.6万円 94.5万円
55~59 23.4万円 93.7万円
60~65 15.9万円 63.8万円

保育士の平均給与-都道府県で比較

都道府県によっても保育士の給料に差があります。

1位 京都 401.1万円
2位 東京 394.3万円
3位 愛知 372.8万円
4位 岡山 363.7万円
5位 滋賀 359万円
6位 神奈川 358.5万円
7位 山口 355.6万円
8位 大阪 353.7万円
9位 福岡 352.4万円
10位 兵庫 346.6万円
11位 宮崎 344.8万円
12位 群馬 341.3万円
13位 福井 339.7万円
14位 静岡 339.7万円
15位 熊本 338.3万円
16位 岩手 338.3万円
17位 長野 337.7万円
18位 山梨 337.3万円
19位 高知 332.3万円
20位 栃木 330.9万円
21位 新潟 329.9万円
22位 埼玉 328万円
23位 富山 327.9万円
24位 香川 327.6万円
25位 千葉 327.4万円
26位 徳島 322.3万円
26位 和歌山 322.3万円
28位 長崎 321.2万円
29位 石川 320.5万円
30位 秋田 320.4万円
31位 広島 320万円
32位 奈良 317.4万円
33位 山形 316.8万円
34位 岐阜 315.2万円
35位 北海道 311.3万円
36位 宮城 307.4万円
37位 佐賀 307.2万円
38位 三重 303.6万円」
39位 福島 298.4万円
40位 茨城 297.6万円
41位 鳥取 295.9万円
42位 大分 295.4万円」
43位 青森 294.9万円」
44位 鹿児島 290.1万円
45位 沖縄 288.7万円
46位 愛媛 284.1万円
47位 島根 279.7万円

保育士の平均給与-役職別で比較

役職 平均年収 平均月額給与 ボーナス
主任 270.3万円 16.9万円 67.6万円
係長 336.4万円 21.0万円 84.1万円
課長 444.5万円 27.8万円 111.1万円
部長 491.4万円 30.7万円 122.9万円

参照データ:平成28年賃金構造基本統計調査

保育士の平均給与-業種別で比較

他業種で働いている女性と比較してみました。

金融・保険業 274万円
看護師 460万円
美容師 330万円
福祉施設介護員 320万円
システムエンジニア 480万円

私立保育園で働く保育士の平均年収は324.7万円でしたから、ものすごく低いわけでもありません。

でも、保育士の仕事は看護師にも通じるくらいに「幼い命を預かる責任の大きな仕事」であることや、持ち帰りの仕事(残業はつかないことがほとんど)が多いことなどを考えると、仕事内容のわりに安いと感じてしまいます。

保育士のサービス残業の多さが本当に辞めたい理由ではない

辞めたいと悩む保育士の多くが残業問題を抱えています。 保育園によっては残業ナシ!と謳っているところも ...

続きを見る

保育士の給料はなぜ安いのか

保育士の給料は安いの?保育士さんの給料が安いのには様々な理由があります。

そのひとつが日本の歴史にあり、日本ではもともと「子育ては母親の役目」という考えが根底にあり、お金を支払ってまでお子さんを預けて働くことに良いイメージがなかったのです。そのような風潮が、保育士の仕事の軽視に繋がっていると言えます。

また、運営面にも理由があり、最近まで社会福祉法人という特殊な組織だけで運営されていた点も見逃せません。

保育園の収入は補助金と保育料で決まることから、もらえる額は決まっており、その決まった額を何にどう割り振るかになります。実際は運営費が人件費に回らないことが多いです。

保育士の給料は上がるの?2019年処遇改善の状況

  1. 処遇改善を踏まえたキャリアアップの仕組みの構築
  2. 保育補助者から保育士になるための雇上げ支援の拡充
  3. 保育士の子どもの預かり支援の推進
  4. 保育士の業務負担軽減のための支援

など、政府や自治体が様々な処遇改善策を出しています。

保育士の給料上がるの?!処遇改善の施策はあるけど厳しい現実変わってないよ!

2016年の流行語大賞に「保育園落ちた日本死ね!!!」が入り話題になりました。ブログに関しては賛否両 ...

続きを見る

保育士の給料が上がらないなら取るべき行動

保育士の給料が安いと嘆いているのなら、

  • 得意を活かせる園・評価してくれる園で働く
  • スキルアップの資格を取る

などの行動を起こすことをお勧めします。

全ての保育園が薄給というわけではありません。保育の需要が増えているので保育士を必要としている園は多くあります。保育士確保のために、給与額を改善している園も多いです。

でも、給料が高いという理由で就職先を選ぶのも危険ですよ。実はサービス残業が多かったなどというブラック保育園の求人である場合があります。

では、どうやって探したらいいのかというと、保育士専門の転職・求人サイト利用するのが最も確実で多くのサポートを無料で受けることができます。

保育士転職サイトとは?体験した私のデメリット・メリット

保育士ヨーコです。 以前書いた記事を読んで、「転職サイトって求人が載っているだけだと思ってた!」とい ...

続きを見る

 

-保育士の悩み
-

Copyright© ほいくしー , 2019 All Rights Reserved.